Frequently Asked Green Card Lottery Questions

Please also see our knowledge database for more FAQ.


グリーンカードとは何ですか?

グリーンカードはアメリカ合衆国の永住ビザです。グリーンカードを取得すると、米国で永住し、仕事に従事する法的な権利が与えられます。グリーンカード取得者は健康保険、教育、その他の福利厚生を受けることができます。グリーンカードを取得した場合、後で米国市民権を申請することができます。グリーンカードを取得した場合でも現在の市民権に影響はありません。すぐ応募すると、あなたと家族は幸運な当選者になるかもしれません。<すぐ応募してください。


抽選に応募するための資格はどのようなものですか? 

応募するには、申請者は対象国で生まれ、高等学校または同等な教育を終了しているか、過去5年間に少なくとも2年間の訓練または経験が必要な職業で2年間の職業経験がある必要があります。 

このような要件に該当しない場合は、ビザ抽選プログラムに応募することはできません。 

現在住んでいる場所に関係なく応募できます。英語を話す必要はありません。米国に親戚がいる必要はありません。


 

教育または職業経験の要件は何ですか?

法律と規定により申請者は高等学校または同等な教育を終了しているか、過去5年間に少なくとも2年間の訓練または経験が必要な職業で2年間の職業経験がある必要があります。「高等学校または同等な教育」は、米国の12年間の初等および中等教育を終了しているか、他国で米国の高等学校教育と同等な正式な初等および中等教育課程を終了していることと定義されます。教育または職業経験の証明書は抽選応募の際には提出する必要はありませんが、移住ビザ審査の際に審査官に提示する必要があります。

申請書の受領の確認は受け取りますか?<カスタマーログイン

有効な連絡先電子メールアドレスをオンライン申請書に入力した場合、申請者は応募に対する確認の電子メールを受け取ります。この電子メールにはカスタマー番号も記載されています。また、 US Green card Office Ltd.によって申請書が承認されたときにも確認が送付されます。当社のデータベースには24時間オンラインでアクセス可能で、申請の状態を追跡し、連絡アドレスなどを訂正することができます。抽選に当選した場合に連絡が遅れることがないようにアドレスなどを最新のものにしてください。

 


 

なぜ抽選が行われるのですか?<

グリーンカード抽選は、米国の人口の多様性を高めるために行われます。歴史的に移民率が低い国の人が参加することを奨励されています。

 

 


 

抽選に毎年応募し直す必要がありますか? 

法律により毎年のビザ抽選は個別に申請する必要があります。過去にビザ抽選に登録された人は次回のビザ抽選に影響はありません。次回の抽選に応募する人は新しい申請書を提出する必要があります。

 

 


 

「native」という用語はどのように定義されますか?対象国で生まれていない人が応募するための条件がありますか?

「Native」とは、現在の居住国または国籍に関わらず通常特定の国で生まれた人を意味します。Immigration and Nationality Actの第202(b)条によると、非対象国で生まれたが、配偶者が対象国で生まれた場合、配偶者の出生国を申請できます。たとえば、英国などの非該当国で生まれた人でも、配偶者が該当国で生まれた場合、応募することができます。また、非該当国で生まれたが、両親がその国で生まれたものでなく、出生時に居住していない場合、両親の出生国で生まれたものと申請することができます。たとえば、両親のいずれかがフランスで生まれ、他方がドイツで生まれ、本人がカナダ訪問中に生まれたが、居住していない場合、出生国としてフランスまたはドイツを申請することができます。

 


 

なぜ特定の国がダイバーシティープログラムから除外されているのですか?

ダイバーシティービザは、米国への移民が多い国以外の国からの人々に移民の機会を提供することを目的としています。法律により、移民の多い国、つまり過去5年間に家族ベースおよび雇用ベースビザカテゴリで55,000人を超える移民があった国にはダイバーシティービザは発行されません。資格のない国のリストは毎年変わります。

 


 

各申請者は申請書を1通しか提出できませんか?

はい。法律により一人の申請者は各登録期間に1通の申請書のみを提出することができます。複数の申請書を提出した場合、抽選に応募する資格を失います。複数の申請が見つかった場合、登録またはビザ審査の際に申請者は資格を失うことがあります。以前のDV抽選で申請書を提出しても、次のDV抽選に応募する資格に影響はありません。

 


 

夫と妻が別に申請書を提出することはできますか?

はい、できます。その他の資格がない限り、夫と妻がそれぞれ1通の申請書を提出できます。抽選によりグリーンカードを取得した場合、配偶者と21歳未満の未婚の子供も同時にグリーンカードを取得します。21歳未満の未婚の子供は両親の申請書に記載することができます。21歳を超える子供は別に申請書を提出する必要があります。あなたと配偶者が別に申請書を提出すると、当選確率は二倍になります。<今すぐご応募ください。

 


 

抽選に応募する最低年齢はありますか?

ビザ抽選に応募するための最低年齢はありません。ただし、ビザ発行時の各申請者に対する高等学校教育または職業経験の要件により18歳未満の人は資格がありません。

 


 

グリーンカード抽選はどのように行われるのですか?

National Visa Centerで受け取った申請書は6つの地域に分類され、個別に番号が付けられます。申請期間終了後、コンピューターによって地域ごとに受け取ったすべてのメールからランダムに選択されます。各地域で最初に選択された文字が登録された最初のケースとなり、2番目に選択された文字が2番目の登録になります。ケースが登録されると、申請者に直ちにUS Green card Office Ltd.から通知が送られ、適切なビザ申請方法が連絡されます。

 


 

当選したかどうかはどのように分かりますか?

申請者はすべての有効な申請の中からコンピューターによりランダムに選択されます。当選者は、申請時に記載したアドレスに電子メール、電話または郵便で通知されます。通知は、移民ビザの申請方法とともに当選者に送付されます。当選しなかった人は通知されません。米国大使館、領事館、 US Green Card Office Ltd.は当選者のリストを提供することはできません。通知を受け取らなかった人は当選しなかったことになります。

 


 

どれくらいの申請者が登録されますか?

55,000のDVビザが発行されますが、それを上回る数の申請者が登録されます。主要な申請者と配偶者および子供を合わせ合計90,000人が登録されます。登録された最初の55,000人の一部はビザ発行までケースを追跡されません。

 


 

米国に居住している人が申請できますか?

はい、できます。申請者は米国または他国に居住していることができ、米国内または海外から申請書を送付することができます。

 


 

他のカテゴリで移民ビザをすでに登録されている人が申請できますか?

はい、できます。そのような人も抽選に応募することができます。


抽選に応募するための費用はいくらかかりますか?

当社の料金は1回の申請につきEUR 77で、別の申請書を提出する夫婦(夫と妻に各1通)の場合はEUR 127です。<今すぐご応募ください。


"Free Transport" には何が含まれていますか?

 

 

このサービスを US Green Card Office Ltd.に申し込み、抽選に当選した場合、移住のための全費用が支払われます。このサービスには家族全員、ペット(米国で許可されている場合)、すべての家具類の運送費が含まれます。車両の運送費は含まれません。



Security Verified Seal Certified by Trust Guard Privacy Verified Business Seal